大詩人にとっての黄山とは


日本人にはすばらしい資質があって、わりと現実的でものの見方もすばらしいと思うのだが、ある一線を超えて壮大なもの偉大なものに対すると、とたんに批判や分析することを忘れて、神にひざまづく如くに従う傾向にある。その良い例が仏教。良い宗教にはちがいないが、ある一線を超えれば幾千万億の世界とか何とか……、誇張や空想が軒を並べる。同様に中国の物語の例で言えば、孫悟空の世界。

風景

大きすぎて面白く、批判する人などいない。そういうわけで、こういうものが作れる中国人は一種のホラ吹き上手と思っていたので、旅行先でよく見かける掛け軸の山水画は「どうせ誇張だろう。こんな切り上った絶壁に、へばりつく松の木はあり得るわけがない。これも、孫悟空の類いなのだろう」、ぐらいに思っていた。それでも少しは評価して、「こんな幽玄の世界に、山寺や老人が立つのは、さすがに人為を重んじる中国人の良さだ」と感嘆したりはするけれども。

ところが、百闘は一見にしかず。中国の安徽省黄山に登って、私の誤解と妄想はいっぺんにすっ飛んだ。中国人の合理性を立証するどころか、雲海の中に林立する岩山と松のそびえ立つ姿は、山水画以上だったのである。茫然自失、唖然慨嘆……、ただただ驚くのみ。日本にもそびえ立つ岩山にへばり付く松の名所は一山か二山くらいはあるが、ここはなんと72もの奇峰が毅然と屹立している。
まさに幽玄の世界そのもの。ツアー参加で訪れたのが2000年10月だったので、下界はわりと暖かく草木もにぎわっていたが、その前に蘇州・無錫・杭州を観光し、その上に私の嫌いなバスで長々と10時間近くも揺られたので、黄山にたどり着いた時には、へとへとに疲れていた。あげくの果てに観光コースのケーブルカーが故障とかで、登れないのは困るからと特別に僧侶専用のケーブルヘとまわりこむ。

ケーブルカー

しかし、山頂の9合目で降りてびっくり。そこはまさに奇岩奇石がそそり立ち、松が岩からはみ出す異様な世界。こんな見事な景観は、見るのも初めてだが、その気迫は絵で描くのも不可能。……ああ、絶景かな!言葉なくして、詩情の世界とでも言おうか。私は嬉しくなって、天にも昇らん心地であった。奇山は台地状になっていて、高地を歩けるようになっているが、私達は靴にアイゼンを装備し、石段にへばりつきながら、突き出た高い山を登りそして下った。あれから6年たつが、奇山絶景といえば、黄山を思い出すし、私の心の中で、黄山は活々として残っている。しかも、詩人の趣を持って。旅では、驚くことがあっても良い。これは人生の醍醐味なのである。


東京都で住まいをお探し中の方がいましたら,ぜひここ中央区で探すことをオススメします。こちら中央区は,大手企業の本社ビルが立ち並んだビジネス街となっており高く評価されているエリアです。
そのため,経済の中心地として東京だけではなく,日本を支えていると言っても過言ではないです。そんな中央区にある水天宮前エリア。こちらのエリアは,家賃がやや高めに設定されてはいます。しかし,治安にもすぐれており,犯罪に巻き込まれることも無く安心して生活することができるでしょう。また交通アクセスで不便に感じることもないので,納得の賃料といえるのではないでしょうか?そんな水天宮前エリアの賃貸情報をぜひ確認してください。
水天宮前エリアの賃貸物件ならあなたもきっと満足すること間違いなしです!

老後の生活に不安をお持ちの方も多いと思います。そこで,そんな老後の生活を杉並区内で有料老人ホームをお探しになっている方は,是非確認してください。今紹介しているサイトでは,有料老人ホームが思いになります。
ホーム内にケアマネージャーが待機していて有料老人ホームならではの,介護サービスを定額で受けることができるようですし、ほかにもメリットも多く安心した生活を送れますよ!
ご自身のご希望や身体の状況に応じて,施設を選ぶことができるので,ストレスを感じることも少ないでしょう。老後の生活も自分で選ぶことができる時代になりました。今からでも遅くはありませんし,早すぎるなんこともありません。
シルバーライフをご自身の目で見て判断しましょう。杉並区で有料老人ホーム選ぶならぜひ参考にしてくださいね!